食べても、肌にも良い、化粧品やダイエットに使用されている成分

食べても、肌にも良い、化粧品やダイエットに使用されている成分

食べても体に良い物は肌にもいいの?

高級ヨーグルトでお馴染みの会社が開発した化粧品がコスメ人気ランキングの上位にあがっています。

毎月化粧水、ジェル、クリームのセットが300セット限定だそうです。

この化粧品はその日にとれた生乳を100%使用しており、発酵してラクトフェリンやアミノ酸などの有効成分を生成しています。

さらにこの2種類の乳酸菌が多くの有効成分を作りだすので、アミノ酸含有量は一般的のものにくらべ高濃度だそうです。

お気づきだとは思いますが、まさしくヨーグルトです。

この化粧品はヨーグルトの上にある透明の液体、「ホエイ」の保湿力に着目してこの商品を開発しました。

ホエイという成分は、食べることによって骨を丈夫にしたり、免疫機能を高めたりする効果があり、化粧水として使用すると角質をゆるめ、古くなった角質を取り除きます。

手作りパックなどには、よくヨーグルトなどが使われますが、すでに化粧品として販売もされているのですね、ヨーグルトは食べても、塗っても良い万能エイジングケア食品ですね。

最近日本でも話題になっていますココナッツオイル。

ウーロン茶のコマーシャルでトンカツやフライドチキンをほうばっているスタイル抜群の外国人モデルは、1日に大さじ4杯飲んでいるそうで、日本のモデルもこぞって飲み始めているそうです。

今話題になっているのはヴァージンココナッツオイルだそうですが、熱を加えてもそんなに成分は変わらないそうなので、神経質にならなくてもいいそうです。

ただ油なので熱を加えて時間が経つと酸化はしますので、熱を加えた時は出来たてを召し上がってください。

このオイルはほかの油と違って体に蓄積せずに、すでに付いてしまっている脂肪を巻きつけて体外に排出するので、ダイエットの強い味方なのです。

そんなココナッツオイルですが、今流行の手作り化粧品シュガースクラブでも砂糖の保湿とココナッツオイルの保湿のダブルの保湿効果で注目されています。

市販の化粧品もたくさん売られていますがそのなかでもココナッツオイル配合のリップクリームは唇がプルンとツヤツヤになるので人気があるようです。