年代別の肌トラブルの悩みと化粧品

年代別の肌トラブルの悩みと化粧品

歳を重ねるごとに肌の悩みは変わっていきます、若い時には化粧品など気にしなくても大丈夫だったのに・・・。

と思っていませんか?

20代から50代以上の人たちの年代別の肌の悩みをまとめてみました。

若い世代の人は、肌の衰えを気にする人は少なく、外見上のニキビや吹き出物を気にする人が多く、年配の世代になるにつれ逆になっていくようです。

20代の人の気になる悩みの1位は以外にも「乾燥」で2位が「毛穴が目立つ」3位「シミ」だそうです。

皮脂の分泌が多いのに乾燥肌になる原因は、脂肌が嫌な為に化粧水の後に保湿クリームや乳液を塗らないのが原因かと思われます。

乾燥が気になるので化粧水はつけますが、保湿クリームを塗らないとせっかくつけた化粧水まで乾燥してしまう事になります。

化粧品の使い方を正しく知る必要があるようですね。

30代の悩みは1位「シミ」2位「毛穴が目立つ」3位「乾燥」です。

この年代になると、若い頃から蓄積されたシミがそろそろはだの表面に出だし始める頃です。

40代の肌の気になる悩みの1位は「シミ」2位「乾燥」「しわ、小じわ」3位「くすみ」「たるみ」です。

悩みも多くなって手入れしていた人と、しなかった人の差が出る頃です。

40代になると比較的痩せている人でも、手入れを怠っていた人は、たるみが目立ち始めます。

50代の1位は「しわ、小じわ」2位「たるみ」3位「シミ」となっています。

この先60代も同じで、肌荒れはあまり気にならなくなってくるようです。

この悩みの原因はなにか?

と言う質問にはどの年代の人も「年齢」という答えが多数でした。

その他は「ストレス」「紫外線」という答えが多く、食事や睡眠という答えは少数でした。

20代の人は比較的紫外線を気にしない人が多いようですが、日焼け止めなどの成分が入った化粧品などをお勧めします。

30代になって急にシミが表面に出だすので、ケアをさぼると30代になった時、後悔しそうですね。

30代は子育てなどで忙しくなる年代で、手入れもおろそかになりがちです。

40代のシワ対策の為にも保湿成分の入った化粧品を選ぶように心がけましょう。